marusato一覧

9月~

ボク、同感!

 

前兆がわかれば、対応の仕方もわかるというものです。

 

古来より、絶対倒産しない企業なんて、ありませんから。

成功した理由は誰しも語りたがりますが、失敗からこそ核心が見えてくる。

古典的働き方とはおさらばすべきです。

時代は移り気けりないたずらに。

9月~

普通の人ではわからない世界がある。

かつて「よのなか科」を提唱した民間出身の校長がいましたが、どこか評論家ふうで薄っぺらな印象がありました。この校長さんには裏付けと覚悟があるように感じます。

今からわかっていることだから。

知っていそうで、意外に知らない三国志。

中高年には懐かしい。
でも、普通のおじさんの夢。


5月~8月

最近のメディアが危機に瀕していると感じている人は多いはずです。

この前ちょっと筑紫さんを思い出したので…。

社会部記者だからこそ見えるものがあります。

マスコミに対する見方を考えるきっかけになれば…。

勇気を持って逃げましょう

弱者の気持ちの奥深くを描く作家です。

視点というか、発想が糸井さんです。

発想と視点が素晴らしいですが、出版社が自費出版で有名なところなのが気になります。

発想と視点が素晴らしいですが、出版社が自費出版で有名なところなのが気になります。

人生、死ぬまで勉強だぜ!

いろいろな意見はあると思いますが、僕は素直に「すごい!」と感じました。

今から40年くらい前に読んだんだぁ。

この本に出会ったときも、感動したなぁ。もう著者はいないんですけど…。ガンで50才前にお亡くなりになっています。

5月~8月

著者・沢渡あまね氏は注目のコンサルタントです。

ストンと腑に落ちることが書いてあります。

不特定多数を相手にする商売は覚悟が必要です。<

最近、似たような名前の本が出ましたが、こちら本家本元です。

いい本に出会うには、タイミングも大切だようなぁ。<

ドラッカーさんの本をわかりやすくまとめてあります。

仕事に取り組む姿勢を学ぶことができます。

昭和の匂いがしますが、タメになり読みやすいです。

初心者に読みやすい。

ちょっと分厚いけど、勉強になりますよ。

トルストイも言っています。「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なものである」

僕から言わせたら、コンサルタントに経営を相談する時点で経営者失格だな。

ちょっと古いんですけど、先日平台に積まれていました。もしかしたらブームになる前兆かも…。

現代の「藤田田」と言えるかもしれませんね。ただ、どういう経緯でこの出版社なのかが気なる。

なんだかんだ言っても企業で働いているのは人間ですから。

若い人には最適です。

4月28日

法律は本当に難しく、また警察が常に正しいとは限らないんです。

琴線に触れる言葉が満載です。


4月~6月

著者のヤマザキさんはかなり破天荒な人生を送っていますが、その大元はお母さんにあったのですね。

4月~

若い人に最強の自己啓発本です。

これも自己啓発の本です。

ビジネスマンならドラッカーさんの本を一冊や二冊は読んでないと…。

ビジネスマンならドラッカーさんの本を一冊や二冊は読んでないと…。